2017年01月08日

大河ドラマ「おんな城主 直虎」初回と「忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣〜」14回!!

1/8(日)夜8時放送NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第一回

naotora.jpg

天文13年(1544)遠江の国・井伊谷。のちに井伊直虎(柴咲コウ)という勇ましい男名で戦国の世を生き抜くことになる少女・おとわ(新井美羽)は、井伊家当主の父・直盛(杉本哲太)と母・千賀(財前直見)のもと幸せな日々を過ごしていた。おてんばなおとわの遊び相手は幼なじみの亀之丞(藤本哉汰)と鶴丸(小林颯)。ある日、おとわに亀之丞との縁談話が舞い込む。当主の座を継ぐつもりだったおとわは最初戸惑うが、やがて亀之丞の妻として井伊家を支えていこうと心に決める。そんな折、亀之丞の父である井伊直満(宇梶剛士)が、主家である今川義元(春風亭昇太)に謀反の疑いをかけられ、駿府に呼び出されることになる。


作:森下佳子  演出:渡辺一貴  主演:柴咲コウ








isida blog2.jpg

石田尚巳も出演しています!









1/14(土)夕方6時10分放送NHK「忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣〜」14話

chuusinngura.jfif

元禄16年正月。吉良邸討ち入りから年が明けても、赤穂浪士の処分は下されなかった。きよ(武井咲)は助命嘆願の伝手を求めて動く。そんな時、きよを訪ねてきたのは、十郎左衛門(福士誠治)がお預けとなっている細川家の家来、堀内(北見敏之)だった。堀内は十郎左が大石らと共に穏やかに過ごしていると様子を伝える。大事なお守りと称すあるものを肌身離さず持っているとも。互いの存在を感じあう二人だが、切腹の処分が下される。十郎左が死座の最後まで離さなかった物とは…。


原作:諸田玲子:  演出:清水一彦  主演:武井咲








tatsuyablog.jpg

長島竜也も出演しています!

どちらもお楽しみに〜
posted by 中野 剛 at 11:22 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック