2017年03月14日

「特殊犯罪課・花島渉 絶対に失敗しない最強の交渉人!」

3/16(木)夜8時放送テレビ朝日「特殊犯罪課・花島渉 絶対に失敗しない最強の交渉人!

交渉人.jpg

花島渉(内藤剛志)は、警察庁特殊犯罪課に在籍する“交渉人”。その交渉術と洞察力から“最強の交渉人”として名を馳せているが、実は妻・祐美恵(萬田久子)には頭が上がらず、一見すると、どこにでもいる普通の中年男性。
(一行あける)
横浜の銀行に立てこもった男が、行員と客を人質に立てこもる事件が起きた。人質の中に美術品の収集家でコメンテーターとしても活躍する宮川みどり(黒田福美)がいるとわかり、マスコミは大騒ぎ。その上、立てこもり犯は床に火薬をばらまいており、もしも自暴自棄になって火をつけたら大惨事に発展してしまう…。一刻の猶予も許されないと判断した神奈川県警捜査一課の管理官・藤田詩織(岡江久美子)らは、自分たちの手では解決できないと判断し、花島をよぶ。
現場にやって来た花島は、特殊犯罪課の太田邦宏(天野ひろゆき)から立てこもり現場の状況を把握し、丸腰で犯人と対峙。立てこもり犯は工場経営者の久保田良治(六平直政)と名乗り、融資を断った銀行への復讐のために犯行に及んだことを吐露するが、花島は久保田の目当てが金ではなく、最初から立てこもること自体が目的だったのではないかと直感する。しかも、午後3時を過ぎたところで久保田が突然、投降した―。
無事、犯人が確保され、人質も解放され、誰もが一件落着だと安堵する中、事件の裏側に何かが隠されていることを察知した花島。そんな花島に対し、「それは神奈川県警がやる仕事」と諭す上司の神崎友香(本上まなみ)の制止を押し切って、独自の捜査を開始する。
(一行あける)
そんな中、人質のひとり、津村八重(音無美紀子)がある殺人事件の容疑者として逮捕される事態が発生。神奈川県警は、八重が銀行立てこもりから解放されてすぐ横浜市鶴見の冷凍倉庫に赴き、その倉庫の元従業員・森下健治(菊池均也)を殺害したと考えていた。だが、2人の接点はまったく浮かび上がらない。花島は手がかりを求めて、八重の娘・加奈子(矢田亜希子)に会いにいくが…!?
その矢先、花島は友香から衝撃の事実を聞かされる。殺された森下の携帯電話の通話記録から、花島と因縁のある美術商・加藤義昭(佐戸井けん太)の名が見つかったというのだ。加藤は5年前、花島が担当した誘拐殺人事件の被害者の父親で、娘が殺されたのは花島のせいだと今も花島を恨み続けていた…。




脚本:福田卓郎  演出:猪原辰三  主演:内藤剛士







nakano tsuyoshi.jpg

中野剛も出演しています!
お楽しみに〜
posted by 中野 剛 at 22:20 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする