2016年07月24日

ON3話と死幣3話と眼球の夢!!!

7/26(火)夜10時放送フジテレビ「ON異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」3話

on.jpg

比奈子の自宅の近所の、近隣住民から幽霊屋敷と呼ばれている廃墟で、それぞれ体の一部が切り取られた4体の遺体が発見される。被害者はいずれも若い女性で、犯人は殺害後、遺体に自らが用意した服を着せ、切り取った体の一部を持ち去ったと見られる。先日の政党殺陣の一件で、中島が犯人像の特定に一役買ったことを東海林から聞いた厚田は、今回の事件のプロファイリングを中島に頼むことに。


原作:内藤了  脚本:古家和尚  演出:宝来忠昭  主演:波留





ns-03957.jpg

山田将伍も出演しています。







7/27(水)深夜0時10分放送TBS「死幣DEATH CASH」3話


shihei.jpg


すでに同じゼミの仲間3人、郁美(西田麻衣)、三浦(山田裕貴)、川辺(白洲迅)が死亡した。それが“死幣”の呪いだと訴える由夏(松井珠理奈)と若本(戸次重幸)だが、残りのゼミメンバーはまったく聞く耳を持たない。
そのとき、夏のゼミ合宿の写真が由夏の目に留まる。由夏は合宿のとき郁美が、土に埋もれ焼け焦げた一万円札を拾ったことを思い出す。
その頃、由夏の親友・一恵(吉岡里帆)は自分と家族の生活費を稼ぐため、必死でアルバイトをする毎日を送っていた。しかし、トラブルでバイトをクビになり、とうとうお金も底をついてしまう…。意気消沈して歩く一恵のもとに由夏が現れ“死幣”について忠告するが、一恵は逆上してその場を去ってしまうのだった。
そんな中、一恵は残りわずかなお金をATMから引き出し帰ろうとすると、取引を終えたはずのATMから訝しげに数枚の一万円札が出てくる…。



脚本:吉田海輝、美濃部達宏、吉田真侑子  演出:渡瀬暁彦   主演:松井珠理奈





suzukiblog.jpg

鈴木隆仁も出演しています。









7/30(土)公開 映画「眼球の夢」


gankyu.jpg

人間の眼球をテーマにした写真に固執する新進気鋭の女性カメラマン・城所麻耶は、今日も東京の街中を疾走し、見知らぬ通行人の眼球をゲリラ的に撮影していた。その撮り溜めた眼球写真を展示する個展「視叛」に、脳神経外科医でインディペンデントのドキュメンタリー映画監督でもある佐多邦夫が訪れる。
手足など喪失した肉体の感覚が元の場所にあるが如くに感じる症状「幻影肢 - phantom limb -」に関する映画を企画していた佐多は、自分の右目が義眼であると信じて疑わず「自分の眼球を探している」と口にする麻耶に幻影肢の症状を感じ、ドキュメンタリー映画の被写体としての興味を抱く。



脚本:夢野史郎  監督:佐藤寿保  主演:万里紗





missing cage.jpg

佐多邦夫役で中野剛も出演しています。お楽しみに!

posted by 中野 剛 at 21:51 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

映画「太陽の蓋」公開

7/16(土)全国公開「太陽の蓋」

huta.jpg

あの日、日本は消滅の危機に瀕していた。
2011年3月11日午後2時46分。東日本大震災発生、福島第一原発では、
全電源喪失の事態に陥った。冷却装置を失った原子炉は、温度が上がり続ける。
チェルノブイリに匹敵する、最悪の事態が迫っていたのであった。

巨大な怪物へと変貌を遂げる原発に対して、想定外の状況を前に、判断を誤る科学者たち。
情報不足のまま、混乱を極める官邸、そして故郷に別れを告げ避難を急ぐ市民たち。

打つ手のないまま、時は刻々と過ぎ、やがて無情にも地震発生から翌日の
3月12日午後3時36分、1号機の原子炉建屋が水素爆発したのであった。
続けて3号機で、2号機で、連鎖するように起こる異変。
破滅に向けてのカウントダウンは、止まることを知らなかった……。



脚本:長谷川 隆  監督:佐藤太  主演:北村有起哉







nakano blog.jpgsayakablog.jpgyukablog.jpgns-03957.jpgnagashima hp4.jpg



中野剛、塚原さやか、今野ゆか、山田将伍、長島竜也も出演しています。お楽しみに!
posted by 中野 剛 at 14:30 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

「はじめまして愛してます」1話と「とと姉ちゃん」90回!!

7/14(木)夜9時放送テレビ朝日「はじめまして愛してます」1話

hajimemasite.jpg


自宅でピアノ教室を開いている梅田美奈(尾野真千子)のもとに、新しい生徒が母親とともにやってくる。だが、子どもの様子から音楽が好きではないと察した美奈は、「無理にやらせても上達しない」と、子どもの興味を引く特段の努力もせずあっさりとレッスンを終了。期待を裏切られた思いの母親は、「有名指揮者の娘だって聞いたから来たのに!」との捨て台詞を美奈に浴びせ、怒りもあらわに子どもを連れ帰ってしまう。反論せず、ただ頭を下げ親子を見送った美奈は、そのままトイレに駆け込む。
 「ああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
 便器に向かってうっぷんを吐き出す美奈。これが、誰も知らない美奈の日常だ。
 その晩、美奈は帰宅した夫の信次(江口洋介)から、近所でゴミ箱をあさるなど不審な生き物が出没するとの噂を聞かされる。変質者か、危険な動物か分からないというが、そんなことよりも今、美奈が案じなければいけないのは近々ある国際コンクールのことだ。10代の頃から夢見ているコンクールでの入賞。これまで49連敗で35歳を迎えてしまった美奈は、年齢制限のあるコンクールへの出場は今回が最後だと決めていた。
 そんな覚悟で美奈がピアノの練習をしている最中に、夫が言っていた不審なものが自宅の庭に侵入する。恐る恐るその正体を確かめると、それは予想だにしなかった幼い男の子だった!
 服も体も汚れ、無表情で何もしゃべらない男の子の素性は何一つ分からない。ただ、美奈の差し出したドーナツをむさぼる様子から、空腹であるということだけが分かる。
 その後、男の子は親から虐待を受けていたことが判明。その親もこの一カ月以上、姿が確認されないことから、男の子は養護施設に入ることになる。
 それから数日後、その男の子が、どういうわけか再び梅田家の庭に姿をあらわす。いまだ何も語らず、名前すら分からないという男の子が、二度も自分の家にやってきたことに運命めいたものを感じた夫は、密かに特別養子縁組について調べ始める…。



脚本:遊川和彦  演出:片山 修・日暮 謙  主演:尾野真千子・江口洋介




iwatablog.jpg

岩田知幸も出演しています。




7/16(土)朝8時放送NHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」90回

「常子、花山の過去を知る」

toto.jpg

女性のための雑誌を作りたいと、雑誌作りを始めた常子(高畑充希)たち。ファッションのことを記事にした雑誌「スタアの装ひ」は、最初大当たりしたものの、その後類似品が多発し、多くの売れ残りが出てしまう。失敗の原因を解明するため、常子は花山(唐沢寿明)を訪ねるが、対応は素っ気ない。五反田(及川光博)に聞くと、花山は「二度とペンは握らない」とかたくなに断っているという。常子は何としても花山の才能を自分の雑誌に活かしたいと、花山の働く珈琲屋に向かう…。



脚本:西田征史  演出/大原 拓 岡田 健 藤並英樹 松園武大  主演:高畑充希


isida blog2.jpg

石田尚巳も出演しています。合わせてお楽しみに〜!!
posted by 中野 剛 at 07:48 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

死幣 DEATH CASH 1話!

7/13(水)深夜0:10〜放送!TBS「死幣 DEATH CASH」1話

shihei.jpg


経済学部に通う大学一年生・南由夏(松井珠理奈)は怖い話好きな妹・小夢(清原果耶)から“死幣”の怪談を聞く。死幣はお金が欲しくてたまらない人に突然届く呪いのお金だという。そしてその死幣を使ってしまうと一万円札の福沢諭吉の肖像に黒い染みが浮かび上がり、使ってしまった人は残酷な死を遂げるという内容だった。このとき由夏は知らなかった、これがただの都市伝説ではないということを…。
ある日、経済学部教授・財津(筧 利夫)のゼミに所属する由夏はしばらく連絡の取れない友人・橘郁美(西田麻衣)を心配し、同じゼミの先輩・三浦智志(山田裕貴)や、ゼミの仲間に聞いてみるが皆心当たりはないという。就職活動真っ最中の三浦は、お金は人を幸せにするものだと信じ貧困層を助ける仕事を志しており、その話を聞いた由夏は三浦の姿に憧れを抱く。
その夜、由夏は連絡が取れていなかった郁美が街頭インタビューを受けているのをテレビで見る。女性は外見が大事だから整形したい、と答える郁美。由夏はその瞬間キーンという耳鳴りのような音とともに郁美の顔が一瞬ねじれたように感じた。この現象が起こるときはこの後何か不吉なことが起こることを由夏は知っていた。由夏には第六感のような不思議な能力があったのだ。急いで郁美のアパートに向かう由夏。なぜか郁美の部屋の鍵が開いている。由夏が薄暗い部屋に入ると足元には焦げた一万円札が。さらに奥へ進むと、美容器具が散乱する部屋の中、ネックレスで首を吊った無残な姿の郁美がいた…。
 通夜の日、由夏や三浦ら財津ゼミの面々が弔問客として並ぶ中、一人の男が焼香に立つ。彼の名は若本猛(戸次重幸)。刑事だという若本は親族や弔問客に向け突然事情聴取を始めると言い放った。そして、遺体の第一発見者である由夏に犯行の疑いをかけ…。



  脚本:吉田海輝、美濃部達宏、吉田真侑子   演出:渡瀬暁彦  主演:松井珠理奈(SKE48) 



ryunosukeblog.jpg

阿邊龍之介も出演しています。お楽しみに!
posted by 中野 剛 at 23:21 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

とと姉ちゃん79回!

7/4(月)朝8時放送NHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」79回


toto.jpg


長かった戦争が終わり、闇市では食糧や職を求める人々で溢れかえっていた。常子(高畑充希)は、貸本業をしながら甲東出版を維持していたが、谷(山口智充)や五反田(及川光博)が復員し、本格的に雑誌作りを再始動できることに。同じ頃、常子の元に綾(阿部純子)が現れる。綾の話を聞き、常子は一つの決意を固める。それは、「女の人の、役に立つ雑誌」を作ること。文芸を中心に扱う甲東出版でではなく、自分ひとりの力でやってみたいと考え、常子は谷たちに辞職を申し出るが…。



sayakablog.jpg

塚原さやかも出演しています。お楽しみに!
posted by 中野 剛 at 14:53 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする