2016年04月28日

トットてれび1話!

4/30(土)夜8時15分放送NHK「トットてれび」1話

totto.jpg

昭和28年、徹子(満島ひかり)は、NHKがテレビ放送開始のため専属俳優を募集していると知り受験する。試験は失敗続きだったが、なぜか合格。新人の徹子はラジオやテレビの番組にエキストラとして出演するが、目立ち過ぎて叱られてばかり。伊集院(濱田岳)から「個性が邪魔だ」と言われる。そんな徹子に転機が訪れる。新しい放送劇のオーディションを受けた徹子に、劇作家・飯沢(大森南朋)は意外なひとことを・・・。

原作:黒柳徹子  脚本:中園ミホ  演出:井上剛・川上剛・津田温子  主演:満島ひかり





yamadahp8.jpgnagashima hp4.jpgabehp7.jpg

山田将伍、長島竜也、阿邊龍之介も出演しています。お楽しみに!
posted by 中野 剛 at 11:29 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

棟居刑事の偽完全犯罪

4/23(土)夜9時放送tvasahi土曜ワイド劇場「棟居刑事の偽完全犯罪」

棟居.jpg

フリージャーナリストの河上辰男(金子昇)の死体が、都内の自宅アパートで見つかった。臨場した警視庁捜査一課の刑事・棟居弘一良(東山紀之)は、血痕が霧状に飛び散った本棚の中に、一冊だけ血痕が付着していない本を見つけ、不審に思う。その本は、有名作家、檜山麗子(浅見れいな)の人気小説『湖上の恋』で、開いてみると著者のサイン入りだった。
 同僚刑事・神林武人(きたろう)らは、事件発生直後から姿を消している河上の同棲相手・水野伸江(柴本幸)を怪しむが、棟居は血痕の謎が気になっていた。河上が殺されたとき、『湖上の恋』は本棚になかったのではないか。だとしたら、犯人はなぜこの本を本棚に戻さなければならなかったのだろうか。
 そんな中、麗子が編集者の小幡明彦(葛山信吾)と共に、捜査本部がある目黒西署の捜査二課に相談にやって来た。実は、最近、麗子になりすました女があちこちで借金を重ねたり、旅館で宿泊代を踏み倒しているらしく、返済や支払いの要求が出版社に多数舞い込み、迷惑しているという。
 「麗子に恨みを抱く人物は?」と聞かれ、小幡は旅行代理店勤務の高梨みどり(大塚千弘)の名を挙げる。『湖上の恋』の執筆にあたり、麗子はみどりに取材させてもらったが、彼女は本の内容が気に入らなかったらしく、「檜山麗子を許さない!」と編集部にクレームをつけてきたという。小幡が勤める出版社は、奇しくも神林のひとり娘・一子(貫地谷しほり)が勤めている会社でもあった。
 その矢先、伸江が自ら出頭してきた。彼女はペットの猫を亡くしたショックから体調を崩し、アパートを離れ神奈川県内の実家に帰っていたと主張。自分は事件とは無関係であり、昨夜のニュースを見て急いで出頭してきたのだと話す。とはいえ、実家はすでに誰も住んでおらず、伸江のアリバイは証明できなかった。
 しかし、伸江は気になることを口にする。河上は自分と同棲していながらも、別に女性がおり、その相手の名は高梨みどりだというのだ。麗子の詐欺事件で疑わしい人物として浮上したみどりが、死んだ河上とつきあっていたとは…。奇妙なつながりに、棟居らは驚愕するが…!? 
 その後、事件関係者のひとりが遺体となって発見された上、またしても麗子の偽者が出現する。はたして連続殺人の犯人は誰なのか…!? そして人気小説家になりすました女の正体は…!?



原作:森村 誠一  脚本:坂田 義和  監督:村川 透  主演:東山 紀之 



nakanoblog.jpg


中野剛も出演しています。が、今は熊本を応援していきます!
posted by 中野 剛 at 20:02 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

ゆとりですがなにか1話!!

4/17(日)夜10時半放送日本テレビ「ゆとりですがなにか」第一話


ゆとり.jpg

食品会社みんみんホールディングスに勤める坂間正和(岡田将生)は、“ゆとり第一世代”と呼ばれる29歳。上司からあきれられるほどマイペースな彼も、30歳を前に悩みが増える毎日。入社2年目の後輩・山岸(太賀)は“ゆとり”の正和にも理解できないようなマイペースさで、正和は振り回されてばかり。さらに、成績不振で本社勤務から居酒屋チェーン『鳥の民』へ出向を命じられて、正和のストレスはたまる一方。
そんな時、正和は、”レンタルおじさん”麻生厳(吉田鋼太郎)への相談をきっかけに、小学校の教師・山路一豊(松坂桃李)と出会う。二人は、同い年の“ゆとり”だった。『鳥の民』高円寺店で店長として働き始めた正和は、慣れない仕事で失敗ばかりで年上のバイトから「頼むからなにもしないでくれ!」と言われる始末。さらに店舗調査をしに正和の店にやって来た、同期でエリアマネージャーの宮下茜(安藤サクラ)にも叱られ…。
さんざんな目に遭った正和が店を閉めて帰ろうとすると、同僚の教師と来店していた山路が待っていて、二人で飲みに行くことに。“ゆとり”と揶揄されながら、上の世代と下の世代の板挟みになっている悩みをお互いに打ち明けて意気投合する二人。そこに、「おっぱいいかがっすかー?」と客引き・道上まりぶ(柳楽優弥)が現れ…。



脚本:宮藤官九郎  演出:水田伸生  主演:岡田将生・松坂桃李・柳楽優弥



mitsuyama blog.jpgkura blog.jpgishida blog.jpg

光山文章、クラ、石田尚巳が出演しています!お楽しみに!!!
posted by 中野 剛 at 13:53 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

カッコーの卵は誰のもの 3話!

4/10(日)夜9時放送wowow連続ドラマW「カッコーの卵は誰のもの」3話〜破られた殻〜

カッコウ.jfif

上条が持ち込んだ血痕は間違いなく風美と親子関係がある人物のものだった。疑惑を抱いた柚木から亡くなった母について尋ねられた風美は、母がいつも自分とは距離を置いていたことを思い出す。代表メンバーの発表が行なわれ、クロスカントリーでは、和真(森永悠希)と伸吾(高杉真宙)が選ばれた。特別な遺伝子パターンを持つというだけで、スキーへの情熱に欠ける伸吾にいらだつ和真は、一対一の勝負を申し出る。



原作:東野圭吾  脚本:田辺満  演出:耶雲哉治・山下司 主演:土屋太鳳


ns15-1333hp.jpg

岩田知幸も出演しています!お楽しみに〜!!
posted by 中野 剛 at 10:03 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

ドクターカー1話!

4/7(木)夜11時59分放送!読売テレビ・日本テレビ「ドクターカー」第一話


ドクターカー.jfif

救命医療の理想に燃える真っ直ぐな若き新人ドクター“天童一花”。結成されたばかりのドクターカーの医療チームに配属された彼女は、毎回試練の連続の中、患者の命を救うため日々奮闘する一方で、働きながら5才の息子を育てる未婚の母でもある。そんな一花の前に立ちはだかる朝城勇介。理事長の1人息子でドクターカーの責任者である勇介は、ドクターカーを金のかかるガラクタと考え、未熟な一花を利用して、ドクターカーがいかに非生産的かを実証し、廃止に持ち込もうと企む。医療チームのメンバーたちも勇介に隷従して四面楚歌の一花だが、その試練に立ち向かい、患者の命を救うために全力を尽くしていく。



脚本:深沢正樹  監督:橋本一  主演:剛力彩芽




hpmk5.jpg

川守田政人も出演しています!お楽しみに〜!!
posted by 中野 剛 at 21:41 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

東京センチメンタル 〜両国の恋〜

4/1(金)深夜0時12分放送テレビ東京「東京センチメンタル〜両国の恋〜」
ん?4/2ってことかな。。。

tokyo センチメンタル.jfif


久留里卓三(吉田鋼太郎)は「くるりや」にやってきた玲子(大塚寧々)に和菓子を贈る。今日が玲子の誕生日だということを覚えていたのだ。優しさに触れた玲子は思わず「ヨリを戻しちゃおうか?」と言い出し、卓三をドギマギさせる。ところが次に口にしたのは、別れた旦那・桂崎啓介(豊原功補)と会うという話だった。買い物帰りに遭遇し、一度ちゃんと話をしたいと言われたという。桂崎の仕事の都合でシンガポールにいた玲子は、すれ違いが続き、結婚記念日に指輪と離婚届を置いて玲子ひとりで帰国した。まだ正式に別れていないことを知った卓三は動揺するが、引き留める事ができない。
 翌日、玲子と桂崎は両国で待ち合わせる。玲子の希望で桜鍋の名店「みの家」や回向院などを巡るが、両国を選んだ裏には、玲子のある想いがあった…。


演出:三木康一郎、日向朝子  主演:吉田剛太郎
脚本 : 三木康一郎、ブラジリィー・アン・山田、松本哲也、日向朝子、新井友香



haruka blog.jpg

河嶋はるかも出演しています!お楽しみに〜!!
posted by 中野 剛 at 18:08 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真田丸第13回「決戦」

4/3(日)夜8時放送NHK大河ドラマ真田丸 第13回「決戦」


sanadamaru.jfif

ついに徳川家康の大群が上田に押し寄せる。越後から戻った信繁を加え、真田家は一丸となって昌幸の計略を実行、徳川軍を迎え撃つ。梅の起点をきっかけに、信繁は真田家の家紋「六文銭」の描かれた旗を戦場に高々と掲げる。数倍の数の敵を相手に、昌幸の策は次々と成功。真田家は痛快な番狂わせを演じるが、最後にたった一つの誤算が生じる。信繁が駆けつけた先で見たものとは・・・。




脚本:三谷幸喜  演出:木村隆文  主演:堺雅人



大久保忠世.jpg

中野剛も出演しています!お楽しみに!!番組HP
posted by 中野 剛 at 10:05 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする